薬剤師の転職には付帯作業がある場合が多い理由

外国語を話せる人を求める傾向が強くなっている

薬剤師の転職 : 薬剤師の転職

薬剤師は以前ほど高い収入がもらえるわけではない / ドラッグストアなどは他の業務もする可能性が高い / 外国語を話せる人を求める傾向が強くなっている

このように外国人観光客が多くやって来る店舗では他のスタッフで語学に堪能な人を置いていますが、大勢の人が来るととても対応しきれなくなり、薬のように説明して販売しなければいけない場合には言葉がわからないというのでは仕事になりません。
転職というのは前職よりもいい条件のところを選んで移動することになりますが、薬剤師の転職市場は求人数はとても多くなっていますが、給料は据え置きが一般的になっていて、薬の販売だけをしていればいいという時代ではなくなったということだけは自覚する必要があります。

教育制度は会社によってバラバラです。

転職先に具体的な内容を確認してください。

薬剤師は研修が充実している職場に転職する傾向を知っていて、とりあえず「研修制度あり」とPRしていることもあるからです。
#病院薬剤師

— 病院薬剤師の給料UP相談@薬剤師の転職相談員 (@hospital_ph) 2019年10月11日
それでも他の業種よりも優遇されていることは確かであり、これは国家試験という難関な資格を取得しているからです。
国家試験取得者の代表である弁護士であっても全体的な収入が減少しているのですから、あまり高望みをせずに現状を把握していれば、就職先は豊富にあると考えていいでしょう。