薬剤師の転職には付帯作業がある場合が多い理由

薬剤師は以前ほど高い収入がもらえるわけではない

薬剤師というと薬科大学を受けて実務を学び、そこから国家試験というハードルを越えて受けることができる資格であり、医師国家試験と同等というわけにはいきませんが、決して簡単に取れるようなものではありません。
以前であれば薬の処方を薬局で行い、収入も相当に高いクラスを貰っているという場合が多かったのですが、現在はそこまで甘いものではないと考えていた方がいいでしょう。
まず収入が以前と比較して減少傾向にあるのは確かであり、高度な技術を持っていて製薬会社の技術者などハイクラスな職種に就職できれば別ですが、一般の民間企業に就職すると期待したほど貰えない場合が多くなっています。
その理由は薬を扱っている店舗が薬局だけではなく、コンビニやドラッグストア、インターネットでも購入できるようになったことが大きく関係しています。
コンビニについてはそれほど薬を積極的に販売しているわけではありませんが、ドラッグストアについては新規出店が相次いでいて、店舗ごとに薬剤師を設置しなければいけないので薬剤師の人数が足らないのは事実です。
これは喜ばしい内容ですが、薬を購入できる場所が拡大したために販売競争が激化してしまい、給料も上げにくくなっているという現状は認識していた方がいいでしょう。
そして仕事についても薬だけを扱っていればいいといいうわけではなくなり、全く関係の無い他の業務を行わなければいけない頻度が増しています。

薬剤師は以前ほど高い収入がもらえるわけではない / ドラッグストアなどは他の業務もする可能性が高い / 外国語を話せる人を求める傾向が強くなっている